1.稲生川「幻の穴堰」研究会
 3.【賛助活動】2.next
幻の穴堰(稲生川)

 

 ●2018(H30)年  ●2017(平成29)年  

 

【稲生川「幻の穴堰」研究会(仮称)】


★十和田歴史文化研究会(機関誌:BUNKA新聞)ホームページ★へどうぞ!


【稲生川「幻の穴堰」研究会

     のご紹介】

本研究会は、新渡戸傳(つとう)、十次郎、七郎三代の偉業「三本木原(現十和田市)開発」を再評価することにより
      @偉業の象徴である稲生川第三の疎水(未完)である「幻の穴堰」を研究、再評価、顕彰し、
      A世界に誇るこの歴史的、文化的、土木工学的財産を日本遺産、世界遺産にする事を目標としています。
  この活動は、先般私財を投じて一般公開を成し遂げた地元実業家「中野英喜」氏が主宰し、
  新渡戸十次郎史研究家「奈良哲紀」氏が個人で運営しているもので、不肖私もお手伝いさせて戴いています。

【活動履歴】

・平成30年1月8日

「幻の穴堰−新渡戸十次郎」特集(於:デーリー東北新聞)

デーリー東北新聞・特集

【PAGE TOP】