3.資源・エネルギー分野
 2.【情報・調査活動】4.next
(工事中)

 

 ●2018(H30)年   ●2017(H29)年  

 ●2016(H28)年   ●2015(H27)年   ●2014(H26)年   ●2013(H25)年   ●2012(H24)年   ●2011(H23)年   ●2010(H22)年   ●2009(H21)年    

 

★★★ 活動履歴 ★★★

・平成30年 4月12日

地中熱利用施設見学 (於:東京スカイツリー地域冷暖房施設)

 ※主催:NPO法人地中熱利用促進協会
スカイツリー地域冷暖房施設-0
スカイツリー地域冷暖房施設-1 スカイツリー地域冷暖房施設-2
スカイツリー地域冷暖房施設-3 スカイツリー地域冷暖房施設-4
※写真(上)をクリックしますと、拡大版をご覧になれます※

・平成30年 3月14日

地中熱利用シンポジウム (於:千代田区・内幸町ホール)

 ※プログラム
地中熱利用シンポジウム-1 地中熱利用シンポジウム-2
※写真(上)をクリックしますと、拡大版をご覧になれます※

・平成30年 3月14日

地中熱関連補助事業説明会 (於:千代田区・内幸町ホール)

 ※プログラム
地中熱関連補助事業説明会-1 地中熱関連補助事業説明会-2
※写真(上)をクリックしますと、拡大版をご覧になれます※

・平成30年 2月28日

スマートエネルギー2018 (於:東京国際展示場(ビッグサイト))

※展示場内部は撮影禁止でした。
スマートエネルギー2018-1 スマートエネルギー2018-2
スマートエネルギー2018-3 スマートエネルギー2018-4
スマートエネルギー2018-5 スマートエネルギー2018-6
※写真(上)をクリックしますと、拡大版をご覧になれます※

・平成30年 2月21日

太陽光発電アドバイザーセミナー (主催:日本住宅性能検査協会)

※FIT単価18円時代の、太陽光発電を含む再生可能エネルギー事業の戦略について勉強してきました。
太陽光発電アドバイザーセミナー-1 太陽光発電アドバイザーセニナー-2

※写真(上)をクリックしますと、拡大版をご覧になれます※

・平成30年度
  エネルギー施策

家庭用蓄電・蓄熱導入事業:(経済産業省)

※平成31年度から固定価格買取制度(FIT)の買取期間が終了する住宅用太陽光発電が出現(平成31年度
に約200万kW)します。このFITの買取期間が終了した住宅用太陽光発電設備に対して、家庭用蓄電池や
蓄熱設備の設置を支援する補助金です。
太陽光発電の自家消費を促すことで、継続的な太陽光発電の使用を通じてエネルギー起源CO2の排出削減
の推進が図られます。
住宅用太陽光発電設備(10kW未満)が設置されている住宅に、「@一定の要件を満たした家庭用蓄電池、
A蓄電池と合わせて導入する蓄熱設備」を設置する世帯に対し、設備費と工事費の一部が補助されます。
                                 ※右は、Panasonicが商品化している蓄電池システムです

蓄電蓄熱導入事業 パナソニック蓄電システム図

※写真(上)をクリックしますと、拡大版をご覧になれます※

★★★ 関係資料 ★★★

・平成25年 4月17日

細谷自然エネルギー発電所概要(エネルギープロダクト株式会社)

事業者は、青森県・三沢市の誘致企業「エネルギープロダクト株式会社」です(本社:東京都千代田区)

早稲田自然エネルギー発電所概要(エネルギープロダクト株式会社)

事業者は、青森県・三沢市の誘致企業「エネルギープロダクト株式会社」です(本社:東京都千代田区)

・平成24年12月11日

青森県再生エネルギーロード推進事業〔pdf〕

【県有施設の「屋根貸し」による太陽光発電事業(神奈川県)⇒】
「ページ-1」「ページ-2」「ページ-3」「ページ-4」「ページ-5」
「ページ-6」「ページ-7」「ページ-8」「ページ-9」

・平成24年10月17日

青森県省エネトータルサポートスキーム〔pdf〕

・平成22年10月12日

都濃第1(太陽光)発電所概要〔pdf〕
宮崎ソーラーウェイプロジェクト〔pdf〕
宮崎県・都農町・国際航業メガソーラー事業パートナーシップ協定〔pdf〕
【宮崎ソーラーウェイ株式会社HPへリンク⇒】宮崎ソーラーウェイ株式会社
【国際航業株式会社HPへリンク⇒】国際航業株式会社

・平成22年 9月 9日

【経産省・六ヶ所村HPへリンク⇒】「六ヶ所村次世代エネルギーパーク」とは
国際核融合エネルギー研究センター〔pdf〕
トヨタフローリテック〔pdf〕
風力発電所〔pdf〕

【PAGE TOP】